PMKで人間的にも成長している先輩スタッフ

先輩スタッフ:伊藤デュアルディレクター

私は現在、店長兼幹部として、会社を導いていく一員として、エステ業界を引っ張っています。

PMKでは誰にでも管理職への道のチャンスと可能性があります。もちろん初めはプロのエステティシャンとしてレベルの高い接客を目指していくことになりますが、PMKでは更にその後のキャリアパスが誰にでも用意されています。

想像したことが現実になっていく喜び

スタッフ写真1

お客様からの感謝のお言葉や、提供した技術によって結果が出ることで得られるやりがいが、大きな喜びとして私たちに帰ってきます。それが日々の活力となり、よりお客様に喜んでもらえるように考えたことや想いはPMKでは無駄にはなりません。 「このようなメニューを提供したい」「もっとお客様の満足度を上げるために、研修プログラムを開発したい」など、接客や技術提供以上のことにも携わることができ、そしてそれが形となります。

新しいことに挑戦できると楽しい

スタッフ写真2

自分が考えた企画が通り、お客様が喜んでくれる。アイデアを出したことが雑誌に載る。キャリアパスがあると常に様々な仕事に挑戦することができ、日々仕事が充実しとても楽しいです。あなたもエステ業界でトップに立ってみませんか?誰にでもその可能性がある会社、それがPMKです。

先輩スタッフ:安藤シニアディレクター

私は、現場のエステティシャンから店長、そして複数の店舗を管理する、幹部職を経て、女性として大きなイベントでもある結婚・出産を経験しました。

そして出産後も、お化粧もほとんどせず楽な服ばかりを着ている生活から卒業し、私は短時間勤務を利用し、産後復帰することを選びました。

働く意思を尊重してくれて嬉しかった

スタッフ写真3

やめなかった理由は簡単で、美容や接客に携わる仕事が好きだから。そして人間関係も含めて、この仕事を離れたくないなと思ったからです。PMKは個人の能力をきちんと評価し、充実した会社生活が送れるようにサポートをしてくれる会社ですが、出産・育児でブランクがあり、働く環境や時間が変わった私に対しても、それは変わりませんでした。本当にありがたかったです。 女性が長く働くことが出来る会社、それがPMKです。

先輩スタッフ:安斉サブマネージャー

私はエステの仕事をする前は、事務員の仕事をしておりました。
2つの仕事を経験してみて感じたことは、やりがいの違いです。事務員の仕事は毎日机に向かって、同じ作業の繰り返し。私にとっては退屈でした。

それと比べてエステティシャンの仕事は色々なお客様と関わることが出来るため、日々の仕事の中でも変化や刺激があり、飽きるということもなく、楽しく働けております。

最高の笑顔が励みになる

スタッフ写真4

お客様は皆さま、コンプレックスを抱えてご来店される方がほとんど。そのお悩みをしっかりと聞き、お客様と二人三脚で目標に向かって努力し、その目標を達成したときにだけ見せる、お客様の心の底からの笑顔。それを見ることが出来たときが、私が一番やりがいを感じる瞬間です。

先輩スタッフ:石川チーフセラピスト

私は入社前、エステに対して勧誘や個人の売り上げをあげていくというイメージがあり、正直自分に出来るか不安でした。

PMKの説明会で、そのような会社ではないと聞いても、実際に入るまで不安が消えなかったことを覚えています。

お客様の笑顔で「不安」が「やりがい」に

スタッフ写真5

しかし、実際に働いてみると、無理な勧誘は一切なく、お客様のお悩みに合わせたご提案を行い、お客様の目線になった接客を大事にしている会社だと感じました。今、入社2年目ですが、お客様に「気持ち良かった」と喜んでいただけたり、担当してほしいと言っていただけることが増え、とてもやりがいを感じております。

動画で先輩スタッフの声を紹介しています

トップへ

新卒者エントリー

中途者エントリー