デュアルディレクター

山口 香織

新卒入社 勤務11年

PMKのキーパーソンはいつでも現場で働くセラピスト

山口 香織さん

きっかけはネイルやメイクが好きだったこと

もともと美容に対する関心は強い方でした。漠然と美容業界に就職する方向で考えていたのですが、エステの専門学校で実際に施術をした時、「すごく楽しい」と素直に思ったんですね。これがセラピストになる一番のきっかけだったのかもしれません。魔法という言葉を使うと言い過ぎですが(笑)、自分の施術で体や顔のラインがちょっと細くなる様子を見られるのが本当に楽しくて。この感覚で仕事ができたら幸せだろうなと思って、セラピストになりました。入社して12年目になりますが、今でもお客様からありがとうという言葉を言っていただくと、とてもうれしい気持ちになりますね。

スタッフを大事にする風土が根付いた会社

現在はデュアルディレクターというポジションで、現場での施術や接客をしながら、二店舗を統括して管理する仕事をしています。現場で働くスタッフ、店長、副店長などさまざまなメンバーと話をする中で思うことは、社長を中心にPMKは本当にスタッフ想いの環境であるということ。本社で決めた方針を、現場に落とし込むという業務も多いのですが、スタッフの指導方法はそのスタッフに合わせて作るオーダーメイドそのもの。メンタルが弱いスタッフに対しては褒める回数を増やしたり、反対にお尻を叩かないと積極的に行動してくれないスタッフに対しては、少し厳しい言い方をする回数を増やしたり。後輩スタッフを成長させるために、試行錯誤するメンバーばかりですよ。スタッフ同士の仲の良さは、それぞれがお互いを思いやる姿勢から生まれているのかなと思います。これからは二店舗だけでなく、もっと会社全体の動きに携わりたいと考えているのですが、この先もそれぞれのスタッフがお互いを思いやる風土は大事にし続けたいですね。

入社を検討している方へのメッセージ

今、就職活動をされている皆さんは、自分に合っている会社はどこなのか?と悩んでいるのではないでしょうか?
私も専門学生の時は、同じ気持ちでした。
エステ業界の中でもPMKは、プロのエステティシャンとしてだけでなく、スタッフ一人一人を人間として成長させてくれる会社です。
スローガンとして掲げている『世界一の接客』をお客様にご提供するとともに、社員にも働きやすい環境を用意することで、やりがいを持って仕事に取り組んでもらえるように職場環境を作り上げていくことが私たち管理職の仕事です。
悩んでいる時や辛い時には、必ず、手を差し伸べて、全力でサポートすることをお約束します!
仕事ができる女性、魅力的な女性になりたいと思う就活生の皆さん、
PMKで一緒に働ける日を楽しみにお待ちしております!!